​稲城を知ろう!
4つのキーワード

​キーワード①

​『自然と共生する街』

稲城は多摩地域の南部に位置する街。

​都心からのアクセスも良いことからベットタウンとして多くの住宅が建ち並びます。市の北側が平坦地、南部が多摩丘陵。その間を三沢川が多摩川に向かって流れ、自然豊かな街として、近年注目を浴びるようになりました。

​キーワード②

​『おいしい梨の産地』

稲城ではその地形を生かして、たくさんの農産物を作っています。

中でも力を入れているのが『梨』。

みずみずしい食感と豊かな甘みが特徴で、大きいものだと女性の顔くらいあるものも。ちなみに稲城市のイメージキャラクターなしのすけは、機動戦士ガンダムメカデザインを担当したことで知られる日本を代表するメカデザイナーで稲城市民である大河原邦男氏が生みの親。

​キーワード③

​都市を流れる大河

『多摩川』

多摩川は山梨県・東京都・神奈川県を流れる一級河川。あまり知られていませんが、近年は鮎やカワセミ、多彩な野花、など

今回稲城クロスのコース付近でも、いろいろな生き物と会えるはず。

​ぜひ、会場で多彩な生態系に触れてみて下さいね!

​キーワード④

サイクリストのベースロード

『オネカン』

多摩川原橋から町田街道まで南多摩尾根幹線道路、通称『オネカン』

信号が少なく、アップダウンが多いこの道は、サイクリストの定番の練習コース。さらにはここから奥多摩や相模湖。宮ヶ瀬や道志みちなどサイクリストの聖地に繋がることから、関東のサイクリストが集まるホームロードとなっています。​

CS_logo.png
IRC_Tire_logo.jpg
Canyon.png
CC_logo.png
AJOCC_logo.png
  • Facebook
  • Twitter
inagishi_kanji.png